平綴じと中綴じでの冊子印刷のページレイアウトについて

A3サイズなどの用紙に印刷をして、中央で折りたたみ、それを綴じると冊子になるというのが冊子印刷と呼ばれる手法です。冊子印刷は、冊子となるものですから、A3サイズの用紙の裏と表に印刷が行われる必要があります。そのため、冊子印刷は、両面印刷が可能な機種か手差しなどでの印刷が可能なプリンターを利用する必要があるのです。また、冊子印刷と言っても、綴じ方によって印刷を行う順番などが変わってきます。主な綴じ方には、平綴じや中綴じなどがありますが、それぞれの綴じ方には以下のような特徴があります。


平綴じは、A3サイズで出力したページが順番になっているという特徴があります。これは、A3サイズの用紙をそれぞれ1枚ずつ二つ折りにして、全てのページを重ねていき、最後に針金を使い綴じる方法です。一方、中綴じは、A3サイズで出力したページを中心で折り、それを一旦開いて、各ページを重ねていく方法となりますので、平綴じとは異なるページレイアウトになるのです。具体的には以下のようになります。?平綴じの場合表面の左側には4ページ、右側には1ページが入ります。そしてその裏面の左側には2ページ、右側には3ページが入るのです。さらに、表面の左側には8ページ、右側には5ページが入り、その裏面の左側には6ページ、右側には7ページが入る事になります。この2つをそれぞれ別々に二つ折りにして重ねると、1ページから8ページまでの冊子が出来るのです。


?中綴じの場合中綴じの場合は、4の倍数となるページが必要となるのが特徴です。まず、最初の表面の左側は白ページを作り、その右側には1ページが入ります。また、これの裏面の左側は2ページが入り、その右側には白ページを作ります。2枚目の用紙の表面の左側は10ページ、右側は3ページ、裏面の左側は4ページで、右側には9ページが入るのです。さらに3枚目の用紙の表面の左側は8ページ、右側は5ページ、裏面の左側は6ページで、右側には7ページが入ります。最初の用紙を一番下にし、その上に2枚目の用紙、そして最後に3枚目の用紙を重ねてから2つ折にすると、1ページから10ページまでの冊子が出来る事になります。これを参考にして紙を使い冊子を作ってみると理解しやすくなります。冊子印刷が出来ると、用紙を無駄にしない、ファイルをする時にまとまりが付きやすいなどのメリットがありますし、冊子となりますので、複数ページを構成する文書などでは1冊の本としての利用価値もあるのです。