冊子印刷で簡単にオリジナル本が作れます。

冊子印刷で簡単にオリジナル本の製本をしてくれるサービスをご存じですか。冊子印刷にはいろんな種類があり、自分で選んで自分好みの本に仕上げることがでます。実際に冊子印刷で作れる本の種類はたくさんあり、写真集・同人誌・自分史・ガイドブック・小説・エッセイ・会議資料・議案書など様々です。本を作ると言うと専門家や、出版関係などの人達というイメージですが、今は誰でも簡単に冊子印刷で本が作れるという時代になりました。


冊子印刷の主なスタイルは表紙を糊で綴じる「無線綴じスタイル」針金で綴じる「中綴じスタイル」ハードカバーで綴じる「上製本」があります。無線綴じスタイスはページ数の多い冊子に最適で、仕上がりが美しく高級感を出すことができます。また強度もあるので保存版冊子にも最適です。無線綴じのバリエーションとして「変形サイズ」「折り」「見返し」というような製本方法もあります。変形サイズはハンディタイプの小冊子にすれば、気軽に持ち帰れるので機能性が高まります。折りは本文に折り込みページをいれる事でインパクトを与え、デザイン性のあるものに仕上がります。見返しは表紙と本文の間に見返しを付けることができます。表紙の内側に貼り付けることで強度が増し、高級感が出せます。中綴じ冊子は最もポュラーなタイプです。印刷面積を広くとることができ、仕上がりもきれいで低価格です。中綴じのバリエーションは変形サイズのみですが、サイズを変えることで印象を変えることができます。上製本スタイルはページ物、冊子を豪華に仕上げたい方にお勧めです。表紙に厚紙を使用しているので強度もかなりあり、しおり等のひもを付けることもできます。ページ数の多い場合は上製本することで、見やすく豪華に仕上がります。


冊子印刷では文字の大きさや行間・レイアウト・色合い等によって読みやすさが随分変わってきます。冊子制作を始める前には、それらの事をきちんと決めておく必要があります。読みやすい冊子を作るために重要なポイントです。とはいえ経験がないと分からない事もあり、自分だけで決めるのは大変です。そういう方には印刷会社ならではのアドバイスや、提案を行ってサポートしてくれます。冊子印刷を行うのに必要なデータ入稿方法もいくつかあるので、好きな方法が選べます。「WEB入稿」「メール入稿」「郵送サービス入稿」「メデア入稿」があります。データ入投後のデータチェック時の校正や文字直しなど、簡単な修正なども希望すれば行ってくれます。